SINCA次回のセッションは日曜日18日の夜8時から予定しています。今回は、ディベートをするのですが、正式?なテーマは「新型コロナワクチンを今年末までに、大人全てに接種すべき」というものです。今、ワクチンの有効性や供給不足?などが話題になっていますし、まだ接種ができない人もかなりいると思うので、参加してくださる方々は、皆何か意見をお持ちだと思います。

今回はテーマをひとつだけにしたので、登録していただいた段階で肯定側に参加したい、否定側に参加したいというメンバーがはっきりしています。15日木曜日午後5時現在で、肯定側は6名、否定側は5名です。登録したけど来られないという人もあり、どちらでも良いという方は私がどちらかのチームに入れています。メンバーのリストは登録してくださっておられる方には確認のためにこれから送ります。

一方、ジャッジをしたいという10名にも何らかの形でDebateの経験をしていただきたいので、セッションの最初の部分で、簡単なテーマでディベートをする予定です。テーマは誰でも何か言えることにしますので、その場で考えて意見を言っていただくことになります。

ワクチンのテーマでディベートに参加する方々はすでに準備を始めておられるかもしれませんが、プロセスを簡単に説明します。

フェーズ1では、肯定側と否定側がそれぞれ10分ずつ自分たちのサイドの立場と理由を説明します。先日のブログでもご紹介しましたが、肯定側はこのテーマの言葉を定義することができます。定義も入れて10分間でなぜこのテーマに賛成するか、を説明します。そのあとで否定側がなぜこのテーマに反対するか、を説明します。いずれのチームも、いくつか理由をあげて、ロジカルに説明します。

フェーズ2では、この2チームの間で15分−20分ほど議論をするのですが、その後でジャッジとして登録している参加者の皆さんがどちらかのチームを応援する理由を説明する時間を取ります。つまりチーム以外の方々もこのテーマでのディベートに参加できるわけです。このフェーズでは意見を言いたい人を優先しますが、私がジャッジのどなたかを指名することもあります。このフェーズ2後半はどれだけ意見が出るかによって時間は適当にしますが、積極的な意見を期待しています。そのあと、元の2チームに5分程度チーム内で少しディスカッションする時間をとってから、フェーズ3のサマリーに行きます。サマリーは否定側から3分、肯定側から3分で行います。

そのあとで、ジャッジの方々、そして両チームからコメントをいただ気、セッションは終わる予定です。ディベートはロジカルシンキング、プレゼンテーション、その場で考えて対応する、まとめなど良い練習になるので、ぜひ積極的に参加してください。登録はこちらからどうぞ。また当日のzoom linkは当日の午後お知らせします。