毎月書いているダイヤモンド・オンラインの経営戦略デザインラボに私の記事が今朝から出ています。自分でもこれはどうなっているのだろう、と思っていたコロナ対策、オリンピックに関して、このタイミングで書かねばと思ったものです。

一番言いたかったことは、これはひどい、どうにかして欲しい、というだけではなく、自分でも同じようなことをやっているのではないか、と見直すこと、そして、今後もこうした状況になった時に新しい行動をすることです。

先送りせずに、さっと決める、違っていたらあとで軌道修正、希望的観測をせず、実際のファクトを見極めるなど、毎日の生活の中で、自分ではそれほど意識していないけど、やっていることも多いと思います。こうした機会に自分の活動を変えることがもっとも大切だと思います。また気がついて、簡単にできないことがわかっても、どうすればできるか、を「考える」ことだと感じます。そのためにも常に質問する、何か変だと思ったら徹底して追及し、新しいやり方をいくつも考えてみることです。(先日英語のポッドキャストで、人間にできて、AIにできないことを暮風した結果の2位に「質問すること」が上がっていましたが、これこそ人間であることの意義だと思います。−1位についてはSuper Nova という映画のコメントを書いた私のブログをご覧ください。