昨晩7月18日、SINCAでオンラインのディベートをしました。For English=> 今回は、新型コロナのワクチンを義務化すべきか、というテーマでした。今ホットなテーマですし、極端に違った意見を持つ人がかなり見られると思ったので、このテーマでやってみました。肯定側、否定側のチームで議論したいという方が登録した方々の中で、それぞれ4−6人おられたので、(当日になって体調が悪いので欠席という方もおられましたが)ディベートができそうだと考えたのです。

肯定、否定それぞれ10分で自分たちの立場を説明し、その理由づけをしていただくようにお願いしておき、その後の20分はチーム以外でもコメントや質問ができる、というスタイルにしてみました。全体で30名弱の方が参加してくださったし、テーマは皆さん何か意見をもつものだと思ったので、この形でやったのです。

思い返してみて、私の説明がかなりの混乱を招いてしまったと思いました。ブログやTweeet、Peatixなどで何度かこのテーマを説明したのですが、毎回違う言葉を使ってしまったので、両チームともテーマの定義でかなり混乱を招いてしまったのです。私が、Mandatoryという言葉を使ったり、All adults should get vaccinatedと言ったりしたことが原因です。次回はわかりやすい言葉を使い、統一しなくてはと大いに反省しました。(実は昨晩なぜ議論がこうなったのかな、ともう一つわかっていなかったのですが、私が色々な言葉を使ったためだ、ということに今朝jジョギングをしている時に気がついたのです。)

これまでのディベートはテーマがわかりやすくはっきりしていたので、それほど問題にならなかったのだ、と思いました。次回ディベートをするときはこの点をしっかりしなくてはと思いました。両チーム、そして参加者の皆さん、混乱を招いてしまって申し訳ありませんでした。

またこのテーマでディベートする前にどちらのチームにも属さない(ジャッジの役割を選んだ)方々15名程度を2つのグループに分けて、ブレークアウトグループを作り、簡単なディベートを経験していただくようにお願いしたのです。ディベートは見ているより、自分がする方が学ぶことも多いし、楽しいので、短い時間でしたが、この形をとりました。3つテーマ候補を挙げたのですが、両グループともAlcohol is necessary for communicationというテーマを選んで議論したようです。遅くまで参加してくださった方々ありがとうございました。