昨日8月9日はいつも行くゴルフクラブでLadies Nightというイベントがありました。2週間おきにあるイベントですが、毎年行くので顔見知りの人が多く、Organizer(左の写真)も良く知っているので楽しみにしていました。しかし朝から14度位で雨模様。わざわざそのためにNorth Vancouverから来てくれる友人が二人(右の写真)いるので、雨が降らないことを期待しつつ、4時過ぎから始めました。しかし、7ホール目位から、かなりひどい雨になり、寒いのと濡れたので、皆かなりMiserableな状況でした。

YkimfranYtamipatそれでもDinnerの時は皆元気を取り戻し、くじ引きもして(全員にあたります。私もこの間の回ではポロシャツがあたり、今回はレストランの招待券があたりました!)、楽しいひと時でした。

今朝は昨日来てくれた二人の友人に誘われて、50km位離れた町(バンクーバーとウィスラーの中間位)までゴルフをしにいってきました。(50kmというのは、ちょっとそこまでという感じで、運転するうちに入らないみたいです)。良くあることですが、時差がある場所に来て「魔の3日目」(重要な会議などは余裕を見て3日目位になるように旅行しますが、意外に良く寝られる最初の2日に比べて、3日目は時差の影響をもろに受ける)にあたってしまい、昨晩はほとんど寝られず(雨にぬれたこともあり?)、朝4時から起きて6時から1時間半ほど電話会議をした後だったので、「どうしようかなあ?」と思っていました。しかし、昨年は全く同じ状況で、ドタキャンをしたので、そのために来てくれた友人のことを考えて、行くことにしました。昨日の雨とは一転して、天気が良くなったので、気持ちが良く、久しぶりに太陽にあたって元気を回復しました。

それにしても、カナダの人たちの体力には圧倒されます。サーキット・トレーニングやゴルフでも全く体力が違うことがわかりますが、一緒に同じ活動をすると、体力の差をまざまざと実感できます。世界で活動するには、時差や食べ物、体力、精神的タフさが最低の必要条件だと痛感します。