記事の詳細

p1000766.JPG まだウィスラーにいるので(あまりに空と雲がきれいなのでオリンピックとは関係ないですが、私の借りているUnitから見た景色の写真です)、北京オリンピックの状況はインターネットとテレビの放送で見ます。国ごとに報道の仕方も違っていて、なかなか興味深いです。ここはシアトルのNBCの放送が入るので、大体はNBCの放送を見ることが多いのですが、当然のことながら、アメリカのチームや選手、アメリカで関心が高い競技が中心になります。北京とはかなり時差があるので、朝7時から9時頃と夜8時から11時頃までがほとんど特別番組(朝はライブですが、夜はライブでないことが多いようです)になります。水泳のMichael Phelps(今まで金メダルを5個とり、Mark Spitz7個という記録を破る8個を期待されています)が何度も出てきます。(良く考えると、これだけ毎日世界でも最高のレベルの試合をするのは体力ももちろんですが、気力がすごいと思います) アメリカが良く報道するのは、それから体操やビーチバレーボールです。 

  カナダのCBCももちろん見られるのですが、CBCはカナダの選手やカナダで人気があるボート競技などがよく報道されます。

  日本では水泳、体操、柔道などが報道されているでしょう。 

  テレビに加えてインターネットがあるので、ライブでない番組の結果はそれぞれの国のニュースを見ると先に知ることもできます。北島の2個目の金メダルのニュースはNBCが放送する前に日本のニュースをインターネットでチェックして知りました! 

  これだけインターネットが普及して初めてのオリンピックだと思いますが、今はテレビでなくても動画が見られるので、報道も変わるでしょう。インターネットはこれから世界をどう変えていくか、まだわからないですが、想像を超えた世界が広がることは間違いなさそうです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

  1. 石倉洋子さま

    私は一時帰国中で、いま日本でオリンピックを見ています。
    先生のおっしゃるとおり、日本では水泳と柔道と体操がいまはよく報道されています。私が日本で見ていて一番よかった!と思うところを書きます。

    北島選手の幼少のころから世界一のスイマーになるようすを映像とともに見せてくれた報道です。これが一番感動的でした。

    5歳のときは、スイミングクラブでも、まったく目立たない普通の子供。それからいかにして世界一の平泳ぎの選手になったかという過程です。だれでも「強い思い」と「夢」があれば、世界一になれる!と日本中の子供たちは思ったと思います。私ですら・・・なれるかも?と思ったのですから(笑)。

    • yishikura
    • 2008年 8月 16日

    Toshiko さん、石倉です。コメントありがとうございました。北島選手の報道のコメントはとてもすばらしいですね。夢は誰でももつことができます。すばらしい実績を残した人は、皆こうした「夢」を持ち続け、「強い思い」を毎日の行動に移している人だと思います。

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る