記事の詳細

 Stanford 大学で始まったEntrepreneurship in Japan Projectのキックオフ・ミーティングに出席するために、1日半、Palo Altoに行きました。

  朝4時に起き、土砂降りの中、3時間弱のドライブ、待ち時間の長いバンクーバー空港での米国入国手続き(2時間くらいのフライトでも国境を超えます!)と荷物のセキュリティ・チェックを経て、2時間のフライト、青空の広がるPalo Altoに着いた時は、さすがにほっとしました。朝晩は気温が10度くらいで、もう夏も終わりという感じが強いウィスラーと比べて、まだ夏!という感じに戻り、天気でずいぶん気分が変わるものだと思いました。 

  その日は夜、Project LeaderBobの家でディナーをし、次の日、朝から一日ミーティングをして、Research Questionをいろいろ議論しました。ミーティングはとても有意義でしたし、(今私が書いている本と関連があるコンセプトがいくつか出てきました)、以前会ったそれぞれの分野でEstablishedされた方々、初めてあった方々など、学ぶ点の多いミーティングでした。 

  そのまま夜の便でバンクーバーに帰ってきましたが、いつものように?(サンフランシスコは霧が多いので、フライトの遅れはよくあること!という感じです)、フライトが少し遅れ、バンクーバーにたどりついたのは真夜中を過ぎていました。(バンクーバーからウィスラーのドライブは、1レーン、工事中、山あり谷ありなので、夜中のドライブはとてもできず、次の朝、また3時間ドライブして帰ってきました) 

  ミーティングは1日半、往復に1日かかりましたが、行ってよかった会合でした。しかし、ここ数週間、毎日日本語で本の原稿を書いていたため、英語でConceptualなことを1日話した後はさすがにがっくり疲れました。(でも、次の日、ウィスラーに帰ってからは、会合で受けた刺激のせいか、また本の原稿に新鮮な気持ちでとりかかる意欲がでました。) 

  人とのインターアクションで刺激を受け、アイディアが発展するのと、自分でそれをどう考えまとめていくか、とかく、どちらかだけになりがちなので、どうこのメリハリをつけるか、が次の課題です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • A-san
    • 2008年 8月 28日

    最後の一文、まさに今、私が頭を悩ませていることで、石倉先生でも「課題」と認識されていることにすごく励まされました。米国大学院での研究のためこの夏から米国で暮らしておりますが、こちらではとにかくFACE-TO-FACEで話すことによってアイディアを交換したり自分の考えを膨らませることが日本以上に重要だと思います。low contextな国であり、verbal communicationが極めて重要であることを日々実感しています。純日本人の私にとっては言語の壁があるために、他人とのinteractionと自分の頭の整理の2つのバランスのとり方が日本にいるとき以上に難しい気もします。

    これからのブログも楽しみにしています。

  1. 石倉洋子さま

    車や航空機での移動、そして国際会議への出席と、ちょっと想像しただけでもかなりの体力が必要ですね。元気ある女性の活躍を知るだけで、私も元気がもらえます。そしてとてもいい刺激になります。

    上海と日本、たったの2時間ほど、そして時差も1時間とないようなものですが。。。やはり頻繁に移動するには、それなりの体力がいりますもの。

    石倉さんが会合で受けられた多くの刺激やアイディアが、なんらかの形で発表されるのを心から楽しみに待っています。

    • yishikura
    • 2008年 8月 29日

    A-san, 石倉です。コメントありがとうございます。そうですね。特に英語だと、同時並行していくつかの活動をすること(インターアクションしながら、自分の考えをまとめるなど)が、日本語の時より、難しいような気がします。(情報処理量が限界を超えたような感じです)。でもこれも習慣かもしれません。だからくじけずやっていけばできるようになると思います。
     はじめて留学した時、ちょっとしたことを調べようと思ったのですが、図書館で英語では「斜め読み」ができないことを知って、愕然としたことがあります。

    • yishikura
    • 2008年 8月 29日

    Toshikoさん、コメントありがとうございます。

    体力は大事ですね。気力はもちろんですが、元気でないとエネルギーが出ないし、そもそもやる気!にならないので。

    いつもいっていますが、体力こそ、「継続は力」だと思うので、少しずつでも続けることが鍵だと思います。

    やはり年齢には勝てないということはありますが、その時は私は少し年齢が上の人で元気な人にコツを聞いて、生活パターンを少し変えます。

    上海のビジネス、期待しています。

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る