記事の詳細

 数日前、劇団四季のソング&ダンス 55ステップスFinalの初日にお招きいただいて見てきました。For English=>  この作品は今まで劇団四季がやってきたミュージカルの中から、曲やダンスを集めているものです。ソング&ダンスとしては今までに何度かやっていますが、55ステップスは2年前、劇団四季の創立55周年に合わせてつくられたものです。

 私はダンスがとても好きなので、ソング&ダンスは何度か見ましたが、55ステップスは一番すばらしいと思って、2年前にやった時は何度か見に行きました。そのFinal版ということで楽しみにしていました。

 曲もすばらしいですが、ダンス場面は、装置も衣裳もシンプルで、圧巻です。この作品は加藤敬二さんが構成、振付、演出をしています。私は加藤さんの歯切れのよいダンスが大好きなのですが、今回は、加藤さんの手がとても印象に残りました。ちょっとしたしぐさでも指の先まで神経が行き届いていて、他の人たちとちょっと違います。(この間合気道のクラスにいって、指先!といわれたことを思い出しました!) 加藤さんはダンス場面は中心になることもありますが、カーテンコールなどはいつも端の方にいます。それもとても印象的です。

 初日だったせいか、群舞の場面が全員ぴったりといかなかった所もありましたが(ダンスは個人の実力・技術が良く見えるので)、これからどんどん良くなるでしょう。(その点では1年前?位にブロードウェイでリバイバルのプレビューをしていた時のWest Side Storyは、群舞がこれ以上ない!という位ピタッときまっていて、圧倒されました)

 終わった後、観客が曲を口ずさみながら帰っていったり(今朝起きたら、Be Our Guestの曲が頭の中で聞こえました!)、とても幸せそうなのが、印象的でした。雨でしたが、私ももちろんハッピーな気持ちになりました。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る