記事の詳細

9月25日(土曜日)の昼、大学時代のクラス会がありました。 For English=> 上智の外国語学部英語科なのですが、当時は男女のクラスがわかれていたので、女性だけでした。(中学高校が女子校で、やっと共学!と期待して入ったら別々だったので、当時はかなりショックだったのですが。。) x十年ぶりに会う人もいましたし、20人強集まってとても楽しい会合でした。(なぜか私は上智の経済学部の卒業生の会合には何度かよんでいただいています!)

おいしいランチを食べながら、近況報告ということでしたが、退職まじかか退職されたご主人との生活、ご両親(90代の方が多くてびっくりしましたが)の介護、子供や孫!の話がかなり出まっした。英語科なので、英語に関係した仕事やボランティアをしている人も多く、皆、元気だなあ!と思いました。

こうした会合はxx年ぶりでも皆格好をつけていないで、ホンネの話が多いので、「なるほど!」と思うことが多いです。 特に私は普段会う人が学生、企業、一部学者などがほとんどなので、同世代の女性とはあまり接する機会がなく、話を聞くことも少ないので、とても興味深く聞きました。

行く前にオフィスによって(台風のため強風で飛ばされそうでしたが)、私が書いた本「戦略シフト」(これはあまり関心なさそうだと思ったので1冊だけ)、共著の「世界級キャリアのつくり方」(これはちょっと遅いかもしれませんが、一部はお子さんに関連あるかと思って数冊)それから「世界級。。」を一緒に書いた黒川清さんの「大学病院革命」を15冊位?(これが多分一番関心事)を持って行きました。また以前いただいたいたクレマチスの丘の招待券も2セット持っていき、皆さんにさしあげました。

次に予定があったので(バンタンデザインの評議会ーこれについてはまた書きます)、少し前にあわただしく出てしまいましたが、とても楽しいひと時でした。写真はとるのを忘れてしまいましたが。。。忙しい中でも、こうした会に行くとまた世界が広がるような気がします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • Penguin
    • 2010年 9月 28日

    こんにちは。

    外英は当時、実質男女別学だったのですね・・・日本で最後まで男子大学だったという名残でしょうか。

    わたくしも、昨夜、FB上で経営学科の同級生だった韓国人留学生と10年ぶりくらいで連絡が取れました。入学式後のオリエンテーションで横に座った方で、いろいろ思い出して懐かしかったです。

    7月に帰国した際、久しぶりに四谷キャンパスへ行ってみたのですが、恩師と話をしている間に、オットが上智マーク入りのトートバッグを購入してくれました。こちらで使ってみているのですが、いまのところ、気がついた人はいません。あえて旅行や出張に持ち出すと、そのうちどこかのソフィアンが声をかけてくれるのでは(特にアメリカにいると、いろいろ話しかけてくる人が多いですよね)と、ちょっと期待しています。

    • Yoko Ishikura
    • 2010年 9月 29日

    Penguinさん、石倉です。コメントありがとうございます。ネットによって、長い間音信不通だった人とコンタクトができるというのはすばらしいと思います。その気になれば、共通の興味、経験、課題を持つ人と世界のどこからでもコンタクトできるということですね。(もちろんバッグも有効でしょうが。。)私はNYYankeesの帽子をかぶっていたら、Red SoxのDie hardというファンの人がいて、そこから親しくなった?こともあります。

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る