記事の詳細

   私のいるICSの教授陣が1年以上毎週交代で書いている日経ネットプラスの順番が回ってきました。今回は、「オープン・システムのすすめ」というテーマで、世界のイノベーションの一大潮流となっているオープン・システムについての事例、メリットや課題について書きました。

  このテーマは、私が今とても関心を持っているテーマですし、先週Palo Altoで開かれたInnovation100でも3つのテーマのひとつとして取り上げられ、いろいろな議論がされました。

  日経ネットプラスは読者がコメントできますし、それに対して、私がまたコメントをしたりします。先回5月は、アップル、グーグルなど彗星のように現れて、短期間に世の中を一変させるようなベンチャーが日本では見られないのか、という点について書いたのですが、この回は、いつもよりずっとシリコンバレーなどにいま住んでいる読者の方からのコメントがたくさん来て、とても活性化しました。もちろん私も学ぶ点が多く、とても参考になったオンライン上のやりとりでした。今回もまたたくさんコメントをいただけるとうれしく思います。日経ネットプラスへの登録はここからどうぞ。

関連記事

    • まい
    • 2008年 9月 14日

    石倉先生、はじめまして。
    製造業で経理担当しております社会人2年目です。
    先日「世界級キャリアのつくり方」を読みました。
    毎日の業務がルーチンワーク化されており、今後数年間は新たな業務に携わる機会も期待できず「このままこの会社にいていいのだろうか」と現状に疑問を抱いていたときにこの本に出会いました。
    転職するにはまだ実務上のスキルが乏しく、だからといって1,2年後にスキルは向上しているのだろうか、どうしたらよいのか・・・、と悩んでおりましたが20代のキャリアの作り方を参考に、特に「当事者力」を磨きたいと考えております。
    誘惑に負けそうになったら、本を読み返します。すばらしい本をありがとうございます。

    • yishikura
    • 2008年 9月 15日

    まいさん、石倉です。コメントありがとうございました。「世界級。。」読んでいただきありがとうございます。

    少しでも何か新しいことをはじめるきっかけになるとうれしく思います。
    当たり前ですが、何もしないでいると、何も始まりませんから。どうしようかなあと思っている時、「やらない理由」を考えるのは本当に簡単です!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る