記事の詳細

p1000849.JPGp1000846.JPGp1000843.JPG NYCから帰って次の日から、高尾のわくわくビレッジであったICSの新入生のためのTeam Buildingに参加しました。=>英語版Englishはこちら。いつもこの時期は、とてもExcitingであり、忙しい時期です。ICSはグローバルなルールにしたがって秋から新学年が始まるので、9月後半は毎年新しいクラスを迎えます。今年は留学生2人をいれて、全部で57名、国籍は21カ国、女性は40%(今までで最高)です。まさに多様性、グローバルなグループです。9月の最後の週にFoundation Weekが始まり、それからTerm1が始まるのですが、その前に、高尾で2日間Team Buildingをします。

  私は昨年、1日目のIce BreakerProgramから参加し、夕食のBBQの後帰ってきましたが、今年は初日の午前中、私は東京で会議があったので、夕方のBBQから参加しました。(右の写真) BBQは、まきを割り、火を起こして、肉、魚介類、野菜、やきそばをして、皆で食べます。 その後、室内でEvening Programをします。このEvening Programは学生が2人ずつペアになって、相手を3つのキーワードで2分(一人1分厳守で)皆に紹介するものです。 

  昨年から一年たったので、忘れてしまっていたのですが、Team Buildingに参加すると、皆良く働くこと(BBQから後片付けなどさっさっとやってしまいます)、それからペアでするIntroductionがとても上手なことに感心します。もちろんすべて英語ですが、ユーモアのセンスもあり、ポイントもついたキーワードが出てきます。皆、学生の写真の入ったリストを持っているので、それを聞きながら、皆の名前とどんな人なのかを覚えるのです。

  次の日はわくわくビレッジのロープコースで、High Elementという高い所に挑戦するゲームをします。今年はHarness(命綱のようなもの)のつけ方をデモンストレーションする役目をやらせてもらいました。(中央の写真)初めてだったのですが、その前に教えてもらい、飛行機のフライト・アテンダントか船のクルーがLife Jacketのつけ方を説明するように、Harnessのつけ方のデモンストレーションをしました。 

  その後、皆は、高い所に上り、そこから降りてくるなどの練習をチームでします。(写真左) 私は残念ながら、午後から東京で仕事があったため、帰らねばならなかったのですが、高い所や飛行機が大好きなので、来年はぜひこれに参加しようと思いました。午後からはチームで本当に高い所まで上るFinal Challengeをして、プログラムを終ります。 

  こうして2日間一緒に過ごすと、皆親しくなり、その後のMBAプログラムを一緒にやっていく準備ができるわけです。もちろん教授陣もスタッフも一緒に行きます。(全員が2日間いるわけではありませんが、なるべく参加します。今回は私もいつも助けてもらっているスタッフと夜いろいろ話をすることができて、とても楽しく、有意義でした)これでいよいよ新しい年のはじまり!という気分になります。いつでも新しいことをはじめるのは本当にエキサイティングですし、若い人が毎年入ってくるのは、それだけでエネルギーが感じられ、私たちもとても元気になります。

 今年は新しく入ってきた学生の中に、私のブログを読んでいる人が何人かいて、「初めて会ったけど、前から知っているみたい」とか「熊の話がおもしろかった」という人がいて、とてもうれしい気持ちになりました。直接会わなくてもコミュニケーションができる時代はすごい!と思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る