記事の詳細

 12月4日で1年間のプログラムを終わったグローバル・アジェンダ・セミナー(GAS)ですが、今後の展開をどうするか、今検討中です。(何人かの方々から,、来年はやらないのか、という問い合わせをいただいています)

 GASは、「世界級の実現力を」を持つ若いリーダーを開発、育成する目的で、初めての試みとしてやってみました。毎月第一土曜日、1年間、世界経済フォーラムの資料その他を使って、英語で、世界の課題を定義し、解決案を考える。アドバイザリー・ボードに加えて、世界で社会的な活動する若い日本人リーダーをゲストに、毎回、資料を読み、自分なりに課題を考えてきて、当日はグループで議論し、それをレポートして、全体ディスカッションをするというやり方をとりました。実際には、これに加えて、個人レポートのためのカウンセリングをしたり、Weekly newsletterを書いたり、参加者主導で各種のセミナーが開かれたり、グループ活動が行われたり、といろいろな活動が追加されました。かなり試行錯誤しながらやりましたが、やってみたからわかったことが、かなりあります。

 GASで掲げた目的は、私の最近の活動の中心をなしているので、今後も続けていきますが、2010年と同じフォーマットで続けることは今の所考えていません。基本的なスキル(問題解決のアプローチ、分析方法、グループ討論の仕方、まとめ方、発表の仕方、それに英語)もばらつきがあることがわかったので、こうした基本的なスキルを学ぶ基本編、世界の課題をテーマごとに考えるシリーズ(1年ではなく短縮版)、国、地域、都市などの競争力を中心に、競争力をあげるためにいろいろな組織や個人をまきこんで実践するシリーズなど内容もいろいろ考えられます。やり方もFace to faceでやることとオンラインでできることの切り分けなど、アイディアはかなりあります。

 私もこの数カ月で自分なりにさらに進めたいことがいくつかはっきりしてきましたし、自分自身のキャリア・シフト(4月から慶應)もあるので、そのあたりも考えなくてはなりません。いつものことですが、次から次へとやりたいこと、もっと進めたいことが出てきてしまって、時間が足りなくなり、24/7のパターンになってしまうので、自分でコミットしたことはしっかり実現できるように、優先順位を決めねばなりません!

 ブログを読んでくださっている皆さんのご意見やご希望もいただければと思っています。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る