記事の詳細

 2010年から2011年の私のSeason’s greetingsでは、若い世代、明日のリーダーとの活動を今後も続けたいというメッセージが入っています。For English=> また、グローバル・アジェンダ・セミナーの参加者に、1年間ほぼ毎週書いていた(12月10日に配信したNo.34が最終回でしたが、Special版があったことを思い出したので、合計35でした!)Weekly Newsletter の最終回では、これから世界で活躍するリーダーとはどんな力を持っていたら良いと思うか、という私の考えをリスト・アップしました。参加者の中には、自分の会社の若い人にはそれを紹介したという人もいましたし、このブログに関連した質問もいただいているので、それをご紹介したいと思います。
 私の考える明日のリーダーの要件とは:
―ある分野について専門家としての知識を持つ
―世界の課題について自分自身の意見を持ち、意見の相違にかかわらず世界の課題について 意見を発信、どこの国の人とも共有、議論することができる(言語は今の所グローバルなデファクトである英語でする)
―自分の国の歴史、文化などについてある程度の知識を持ち、意見を持つ
―自分の人生やキャリアについて、はっきりしたビジョン・求める姿を持っている
―世界にある多様な文化、生活習慣などについて、受け入れる寛容さを持つ
―自分についても他人についても変化を認められる
―自分を客観的にみることができ、いくら深刻な問題についても、ある程度の余裕を持った考え方ができる
―新しいことに積極的に取り組む気概を持ち、実践する
―できるかどうかわからないことに対しても機会を与えられたら、まずそれをつかもうとする
―困難や難しいことに直面しても、何とか状況を分析し、解決案を考えて、実行に移す気力・体力を持つ
―失敗や挫折から何か教訓を得て、次の機会には二度と同じ失敗を繰り返さないように軌道修正できる

 このリストはそれほど簡単なことではありませんし、私自身も目指していることです。(といってもあまり時間がないですね!) でも2011年からの新たな一歩のために、少しでも参考になればうれしいです。なかでも、どんなことにも自らあたってみるという気概が一番大事だと思います。2011年は一緒にそれを目指しましょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 久保沙織
    • 2010年 12月 31日

    石倉様
    縁あり石倉様のブログに巡り会えたことをとても感謝しております。
    33歳、20代に漠然と描いていた目標もクリアして、現職にて3年目に突入し次のステップを考えていたところ、本当に私がやりたいことは何なのか、この道で良いのかと悩み、やはり経済の勉強を一から勉強したいと思い、通信教育にて大学3年に編入しました。
    オフとオンのバランスを考え、お花が好きでお花を習い始め、お花に対する想いが異常に強くなり、そこからお花とビジネスが結びつかないだろうかと、自分の好きなものはこれだというモノを見つけることができました。
    そして石倉様の世界級キャリアを拝見し、視野をグローバルに広げることが出来、お花というアートとビジネスをどう融合させたいかは模索中ですが、私に新しい可能性と追求心を強くさせられたことは間違いありません。
    私はMBA取得者のように優秀ではなりませんが、私なりの感性、私しかできないことで世界に何かを残していきたいと強く思っております。
    幼い頃に病気をきっかけに中度難聴になったものの、留学することも屈せず、いろんなことに挑戦してきました。今はでは病気が縁であったかのように、個性豊かな人たちと出会い、美の感性が優れていることを確信できたのは聞こえない分、視覚が優れてしまったのでは感じているところです。

    ダラダラとコメントを書いてしまい申し訳ございません。

    石倉様の本とブログに出逢えたことが、私にとってはこれから目指すところに必要な出逢いであり本当に感謝しております。
    いつかどこかで先生の講演会などスピーチを聞けることができたらとても光栄です。
    これからも先生のご活躍を心より応援しております。

    久保

    • yishikura
    • 2011年 1月 01日

    久保さん、石倉です。コメントありがとうございました。2011年の元旦にこうしたコメントをいただいて、とてもうれしいです。今日のブログにも書きました。公開セミナーなどはブログでご紹介しますので、ぜひいらしてください。

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る