記事の詳細

 ブログを始めてから1年少したちましたが、日に日にICT(情報通信技術)がどれだけ距離や時間を超えて人を結びつけるかという「力」を感じています。=>English Version

  書いたテーマによってコメントをいただくのですが、世界各地から、全く会ったことはないけれどいろいろコメントをくださる方、ICSや青山時代の卒業生で今世界各地にいる人たちやその家族(ご家族には会ったことがないことがほとんどですが)、同じ時代ではないですが、同じ「場」を共有した経験のある方―中学・高校、大学、会社、団体などーから、コメントをいただきます。

 いずれも興味深くて、新しいことを学ぶことも多く、考えさせられること、はっとすることも多いです。忙しかったり、締め切りに追われていたりして、返事が書けず、がっくりしていても、コメントをいただいて、元気になり、またやる気になるということが良くあります。 

 情報通信技術がこれだけ発達していなかったら、こうした方々とはこんなコミュニケーションはできなかったと思うと、いまさらながら、ICTの力に圧倒されます。ICTは使い方によって、「影」の部分が生じることもありますが、同時に、とても大きな可能性を私たち皆にひらいてくれます。「影を少なく、光を多く!」が合言葉でしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る