41回世界経済フォーラムの年次総会が、来週26日からスイスのダボスで開かれます。For English =>   今回は久々に日本から三菱商事の小島会長がCo-Chairのおひとりとして、会議の中心的な役割をされます。 今年のテーマはShared Norms for the New Realityというもので、新しい現実にどう対応していくか、協働してその規範をどうつくっていくか、ということが中心のようです。

 この所、世界経済フォーラムのスタッフはもちろん毎日、数百のセッションのための準備、メールや電話での打ち合わせなど、に忙殺されているようです。数千人が小さなスキーリゾートであるダボスに集まるわけですから、いろいろなイベントの登録、資料の準備など、錯綜しています。 

 私は、ワークショップのFacilitatorやPrivate meetingのDiscussion leader, 国際組織のリーダーとのPrivate Meetingへの参加など、自分の役割はわかっていたのですが、何とホテルのことをすっかり忘れていて、冷や汗をかきました。フライトのeーticketは送ってきたのですが、メールのどこを探してもホテルのConfirmationがなく、本当に焦りました。しかし、少し前に確認がとれ、やれやれという所です。

 天気予報をみると毎日零下10度近くでかなり寒く(スキーリゾートですから当たり前ですが)、凍えないように重装備をしていきます。(昨年は30分位寒い中でシャトルを待っていて、大変だったことがあります) 朝7時から夜中の2時頃までいろいろなイベントが計画されているので、どのイベントに出席の返事をしたか、どのセッションに登録したいか(人気のあるセッションはすぐ満席になってしまい入れないので)など、いろいろ細かいことまでやらねばなりません。 でもこれだけの機会を与えられることはとても素晴らしいと思います。