記事の詳細

 今日2月20日は2週間ぶりに両親の所へ行って、夕食を一緒にしました。For English=> この間行った時(2月6日)は、ダボスのことや亡くなった夫の誕生日のことなどを話していて、ちょっとあわただしかったので、父にアコーディオンを聞かせてもらう約束を忘れてしまっていました。

Dadacco1 今日は前から「アコーディオンを聞きたいから練習しておいてね!」と頼んでいたのです。父は高校生の時にアコーディオンのコンクールで3位になったことがあると聞いていましたし、母もとても上手だといっていたので、一度聞きたいと思っていたのですが、50年間位、楽器もなく、ひく機会がなかったのです。(左の写真は真剣な顔でひいている父です)

 私が留学していた頃(確か)、アコーディオンを見つけたから買ったといっていたのと、最近両親の所に行くとアコーディオンがあるので、一度聞かせてほしいと思っていました。今度聞きたいから練習しておいてね、と頼んでおいたら、練習していたみたいです。シャンソン、ラテンなど何曲か聞きましたが、生で聞くアコーディオンはとてもすばらしいものでした。

 それだけひけたら楽しいでしょう、毎日やりたくなるでしょう?といったら、とてもうれしそうでした。「本を買ってきて独学でもできるから、やったら?」と父もいっていました。(私は今の所まだ手がまわりそうにありませんが)。楽器をひけるのは本当に楽しいと思います。音楽を聞くのも楽しいですが、自分でひくのはもっとすばらしいと思いました。

 母も元気そうでしたし、一緒に食事をしたり、DVDを見たりして、とても楽しいひと時でした。 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る