記事の詳細

Vantan今日2月26日午後 バンタンデザイン研究所の評議会がありました。4月から入学する学生の保護者の方々を対象にバンタンの教育方針などを説明した後、評議員がパネルを2つしました。

バンタンの教育方針の説明の後、企業とのワークショップ研修の紹介があり、そのあとパネルの第1部がありました。Amadanaブランドで知られているRealfleetの熊本さん、アッシュ・ベー・フランスの村松さんとご一緒にいろいろ話をしました。熊本さん、村松さん、それぞれにのお話は、私があまり知らない分野の「今」のことなので、とても興味深いものでした。普段考えていることでも、実際にエレクトロニクス、ファッションの事業をしておられる方から伺う「生の話」は迫力が違うので、私にとっても有意義です。

休憩の後、パネル第2部は私がモデレーターをしたのですが、第1部でかなり話が出てしまったこともあり、参加していただいている保護者の方々に、「今までの話を聞いて、安心した方、心配になった方」のどちらかのグループに手をあげていただくようにして、その理由を伺いました。それぞれのコメントはとても参考になるものなので、ずっとやっていたいようにも思いましたが、途中で切り上げて、最近の企業の動向などをお話して、パネルに移りました。

ここでもちょっとした他の評議員の方々のお話に納得することが多く、時間を少しオーバーしてしまったほどです。お越しいただいた保護者の方々にはどれだけ参考になったか、安心と心配(これからの世界は不確定要素が多いし、何が起こるかわからないので)の両方の気持ちを持っていただき、同時にデザインの分野に乗り出そうとしている学生のサポートをしていただきたいと思いました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る