記事の詳細

 今日3月3日は、桃の節句なので、昨晩遅くなってから、お雛様を飾りました。父方の祖母から伝わっているー祖母は父が高校生の時に亡くなったので、私は知りませんがーーお雛様で、小さくてかわいいので、毎年飾ります。昨晩はどうしても終えなくてはならない仕事があり、夜遅くなってしまってさすがに焦りましたが、ちゃんと飾りました!

  私はこうした行事が結構好きです。季節の移り変わりを感じるので、忘れないように、ちゃんと守りたいと思っています。今週土曜日は例年のように女性の友人が10人以上来るLadies Nightなので、それにも備えて、飾りました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

  1. 石倉先生

    お恥ずかしながら、昨年娘の初節句に母が空輸してくれたお雛様をまだ出しておりません・・・昨日遅ればせながらも出そうと思っていたところ、娘の具合が悪くそれどころではなくなってしまい、結局すでに桃の節句当日朝となってしまいました。今日帰宅後出せるかどうか、がんばってみます。

    唯一救い?なのは、母の実家のある地方では、雛祭りは旧暦で4月にお祝いする習慣がありますので、世間一般の雛祭りとそちらの雛祭りの間に飾っておく、ということにしておきます。

    • Ashihara
    • 2011年 3月 04日

    私もお雛様を飾りました。こういう習慣は日本の美だと感じています。桃を飾るとか(我が家では)ちらし寿司を作ってたなと思い出します。ついでにお内裏様とお雛様はどっちが左?右?といった作法や、「内裏」の意味を調べて驚いたりしています。こういう話は海外の人にするととても関心を持ってもらえ、四季折々の行事を大切にする「日本人代表」になったような気分になります。でも、何より、単純に、このような行事は大切にしたいと思うひな祭りです。

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る