記事の詳細

昨日3月3日の午後、六本木アカデミーヒルズで開かれたKBC Value Creation Linkのイベントでパネル・ディスカッション(といっても私のセッションは私だけ!)をしてきました。(Ustreamで配信されたはずです!) For English=> タイトルは「世界級キャリアのつくり方」(私のスライドのタイトルは、4月に出る新しい本のタイトルになるはずの「グローバル・キャリア」にしましたが。。)ということで、まず、仮定の質問2つを皆さんに投げかけ、皆さんの意見を聞き、そこから話を始めました。私の理解する「今の世界ー変化は日常、世界のオープン化など」ー、どれだけこれからの時代が若い人に新しいオプションや世界を開いているか、を、最近の経験、見たり聞いたりしたことも事例にいれながら、お話ました。

オープン・スペースでやったのですが、最初はそれほど人数がいなかった(あいている席があった!)のですが、気がついてみると終わる頃には席はほとんど一杯でした。 若い人とのセッションはいつでも希望が感じられるので、私にとってはとても楽しいものですし、最近触れたことをどんどん話せるので、その前の夜は、どうしても終えなくてはならない仕事があったため、4時間弱しか寝られず、幾分体は疲れていたのですが、元気になりました。

皆さんに参画していただくというご案内をしていたので、最初は質問から始めたのですが、そのあと、結局私がスライドを使って一方的に話をしてしまい、もっとこうすれば良かったなあと思いました。オプションとしては、1)質問を繰り返すInteractiveスタイルに徹底する 2)質問をした後、簡単な話を私がして、そのあとモデレーター的な人と質疑、対談をする(Vabelや先日の企業セミナーはこの形)、3)スライドによるプレゼンテーション中心でフロアとの質疑応答の時間を増やすなどいろいろあるのですが、それぞれ準備のし方が違うので、昨日はちょっと中途半端になってしまったと思いました。

終わった後、皆で写真をとり(これは送っていただいたらポストします)、何人かの方に名刺をいただき、お話しました。私がやった他のセミナーにも来ておられる方、18日のオープンフォーラムに来るといっておられる方もありました。だんだんネットワークが広がっていくようで、うれしいです。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る