KMDが始まって1カ月がたちました。For English=>   私のクラスは今日2日から始まりますが、これまで時間の許す限り、クラッシュコースや他の基礎クラスに出ています。また10日ほど前には、修士論文の中間発表会、先週の木曜日はリアル・プロジェクトのクラスターミーティングにも出席しました。

 今までのビジネススクールや企業セミナーでは聞いたことがない言葉がたくさん出てきたり、20代の若者の話がわからなかったり、戸惑うことはかなりあります。その度ごとに「これどういう意味ですか?」「さっき何といったのですか?」と聞くことが多く、一挙に語彙が増えそうな感じです。

 またとても興味深いのは、視点が違うコメントや質問がたくさん出ることです。リアル・プロジェクトのクラスターミーティングでは、最初の発表の後、ちょっとぼーっとしていて、質問やコメントをするように指名された時に(大体私はどんな会合でも質問やコメントをするのですが)、とっさに出ませんでした。その場ではパスしてしまい、他の人がコメントをしている間に、いろいろ私なりに考えました。大体様子がわかったら、質問やコメントができましたが、他の人たちの質問が今まで考えたこともなかったような角度からされるのがとても興味深いと思いました。「あれ、こんなことに関心があるのだ」、とか、「テクノロジーの観点から考えると、こんなことがあるのか」など、びっくりすることもありますが、新しいことだらけなので、とても楽しいです。

 テクノロジーやデザインのクラスでも、今まで触れたこともないようなこと、分野自体、ほとんど知らないことについて話を聞いたり、スライドを見たり、議論を聞いたりすることが多いのです。新しいことに触れるのは、こんなに楽しいものだったか!と痛感しています。