記事の詳細

 4月17日からの1週間は私にとって、とてもめまぐるしいものでした。For English=> 今から考えてみると、いろいろな比較対照、そして2つの世界をいったりきたりしたような1週間でした。 その2つとは、とても若い人たち(KMDの今年の修士1年生は新卒が多いです)とビジネスなどの分野でかなり年齢の高い方々、ソーシャルメディアを初めとする新しいメディアと既存のメディアや通信手段、日本と世界、東京と大阪といろいろな世界に触れ、何だかわからない、これは何だ!、私は一体どこにいるのか?などという疑問が何度も起こった1週間でした。

 いつも思いますが、自分の知っている世界と違う世界に触れると、目が回りそうにはなることもありますが、「何だかわからない」「これで良いのか、」「違和感の正体は何なのか」などを感じるので、エキサイティングでもあります。 まだ1週間なので 刺激に何とか耐えている?という段階で、かなり混乱していますが、こうした新しい環境に触れる機会があることはやはり素晴らしいと思います。詳細についてはまた続きを書きます。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る