記事の詳細

4月15日に開いたオープンフォーラムには50名以上の方々が集まってくださいました。For English=>  3月18日に企画していたものを計画停電のために延期したのですが、何らかの形で震災の被災者や被災地に助けになることをしたいと思ったので、皆さんからいただいたFEEの一部(それ以外は、当日の懇親会に使いました)を寄付することにしました。結局10万円となったので、どこにしようかと考えた結果、将来の世代のため、ということで、World Visionと、 あしなが育英会に5万円ずつ寄付をしました。

オープンフォーラムでは、震災のことを考えたプレゼンテーションやプロジェクトをと思っていたのですが、プレゼンテーションをしていただいた方々は直接ではなくても関係があるものでしたし、私のプロジェクトも社会的活動、(その場では多分言うのを忘れたと思いますが) 震災で学校に行けない人たちのためのバーチャルな場を提供したいというものでした。

私たちひとりひとりができることを考えて、行動に移す、単にイベントをやめたり自粛したりするのではなく、日本経済、社会がエネルギーを回復、そしてそれを継続できるようにすることが大切だと思います。特に、次から次へといろいろなことが起こってくる中で、長期にわたって継続的に自分たちができることをしっかりやり続けることがこれからは特に重要だと思います。 必要とされるものは刻々と変わっていきますし、状況も変化しますので、そこでどう考え、どんな活動をするか、だと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る