記事の詳細

 昨日5月6日夜、私のアパートで、「グローバルキャリア」のPart 4に登場する7人(残念ながら筒井さんは家族旅行で欠席だったので、6人)と出版社のおふたりをお招きして、ディナー(というほとでもなく、飲んだり食べたりする会です)をしました。 

 午前中は、KMDのポリシーのクラスに出て、そのあと、Gap Yearをプロモートしている組織のインタビューを受け、今いろいろ検討しているバーチャルな教育用プラットフォームの打ち合わせをした後、超特急!で自宅に帰り、準備をしました。

 普通メインの料理はケータリングをしたり、買ったりするのですが(他はつくることもありますし、定例で半年に1度やっている会では皆いろいろ持ってきてもらいます)、今回は震災の影響でケータリングもできず、ローストチキンも買うことができずーこれがわかったのが数日前だったので助かった!-自分でローストビーフを焼くことにしました。

 6時半以降ならいつでも。。ということにしておいたので、7時頃からほとんどが登場した所で、シャンペンを開け、乾杯をしました。初対面という人が多かったのでざっと紹介をし、飲んだり食べたりしたのですが、皆分野が違うこともあり、とても楽しいものでした。こうした初対面の人たちが多い場合は、少数が話すのではなく、皆に話を向けていくと、誰もが楽しめるし、それぞれの専門の話やおもしろい話が聞けます。こうした会話の進め方は何といっても、米国など社交的なマナーを皆が持っている所がとても上手ですし、そうした人のやり方を見ていて自分でも試してみます。

 また料理も事前に準備しておくものを多めにして、その場でしなくてはならないものを限っておくと、私も話に参加できます。(昨日はシーフード・パスタを必死でつくっているーパスタはやりすぎると台無しなのでー時に電話がかかってしまい、かなり焦りましたが。。。)

 話題は、本の話、音楽の話、それぞれの仕事(保育、編集、演劇など)や趣味(サッカー、将棋など)の話などとても広く、新しいことを沢山知ることができました。(ワインもかなり飲みましたが。。。) 結局はっと思って時間を見たら、11時半近く!(過ぎていたかもしれません)になりましたが、楽しい連休最後?の集まりでした。 

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る