5月24日火曜日の夜、六本木アカデミーヒルズでグローバル・アジェンダ・シリーズのセミナーが開かれます。トピックは、「世界のリーダーが議論するダボス会議などの会議のアジェンダはこのようにして決まるのか」「こうした中で、日本からどう、発信するか」などです。参加者は、ダボス会議だけでなく、世界の場(日本でも)で積極的な活動をしておられる黒川清さん、それから日本から選ばれているYoung Global Leaderの高島宏平さん、船橋力さん、西山浩平さんなどが出席の予定です。私はもっぱら、若い人の意見を引き出す、アクションに結び付けるというFacilitatorの役割です。

 世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(通称 ダボス会議)、今年は例年通り1月末に開かれましたが、今から考えると、はるか昔のような気がします。昨年は、2月末にダボス報告会をしましたが、今回は、ダボス報告会というには時期が離れすぎていますし、その後日本でも世界でも大きな出来事が多数起こったので、世界の潮流を左右する上でのアジェンダ設定、その場を活用しながら効果的に発信するニーズ、やり方などについて、考えます。 お申込みはこちらからどうぞ