記事の詳細

 スイスのSt. Gallen で開かれているSt. Gallen Symposiumの第1日目が始まりました。For English=>  昨日11日はかなり朝早く成田を出たフライトでZurich空港に着き、車でSt. Gallenにやってきました。1時間位でディナーがあり、私はFoundationのChairであるDr. Kpsef Ackermannと一緒のテーブルで、隣はNYTimesの人とドイツの元米国大使でした。同じテーブルには今回基調講演をするオランダの女性や、昨年パネリストだったインドの起業家など。

 話題は、ヨーロッパやアメリカの景気の状況、ソーシャルメディアのインパクト、日本の震災から原発まで、いろいろに広がり、とても楽しいひと時でした。 こうしたイベントに出るのは久しぶりのような気がしましたが(数か月ぶり)、会話を楽しむ、意見をどんどん言う機会としての意義を感じました。

 第一日目(5月12日)は、Symposium全体のChairである Lord GriffithsのStatementの後、Leaders of tomorrowの代表Ali S.WyneがとてもImpressiveなスピーチをしました。最初の基調講演は、昨日同じテーブルだったAyaan Hirsi AliのArab Springについてのコメントでした。 その後、Economic Power Shiftについてのパネルがあり、午前中前半のプログラムは終わりました。

 午前のブレークの間に、短いインタビューをされ、今年のSymposiumを3つの言葉であらわしてくださいといわれました。とっさにPower Shift of various kinds, Challenge for Leadership, Hope for young generationというようなことを言いました。午前中のセッションが続きます。

関連記事

    • hanae
    • 2011年 5月 12日

    Equal chance for everyone—especially for young generations leading Japan in the future.
    Think globally, believe and trust whatever action you take.
    I think now is a very challenging time for every generation.

    • yishikura
    • 2011年 5月 16日

    Dear Hanae san, this is Yoko Ishikura. Thanks for your comments. It is indeed, challenging time for every generation. But we are all in the same boat and challenge will make people tougher and will bring best part of us, in many cases, I believe.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る