昨日(13日の金曜日)はICSのProblem Solving最後のクラスでした。その前のグループ・プロジェクトがかなりHeavy Loadだったこと、そのFeedback Sessionでは私がかなり厳しい(しかし建設的と意図したのですが)コメントをしたこと、昨日は夜10時に最後のクラス?(学生はシミュレーションをやっているので)が終わるという長ーい日だったことなどから、楽しいセッションをしたいと思って、Brainstormingをしました。

 このブログでもご紹介しているNPOのTable for Twoを世界に広げるために、どんなプロモーションをするか、数分でSales PitchをSkitでというテーマで、学生は6人くらいのグループに分かれ、おもちゃを使って、活動をしました。

 1時間後くらいにまた集まって各グループがSkitをしたのですが、こういう場合、グローバルな学生チームというのは本当に多才・タレントを発揮します。学生の中でも体格がよい人が、高度経済における生活習慣病のリスクのある人、一方、やせーた学生がアフリカで飢えている子供という役をしたり、おもちゃのコンセプトをそこここに使ったりして、ユーモアがあり、それでいてとてもセンスを感じさせるSkitをしました。

 Problem SolvingはCritical Thinkingも必要ですが、Creative Thinking、子供のような心で自由に考えることが必要というメッセージを伝えたかったのです。