記事の詳細

 いつも年末にはその年の活動を振り返って、次の年の目標を決める棚卸をするのですが、今、さらに詳しく2008年の活動を見直しています。

 2008年は、それまでのようにICSのクラスやイベント、ICSのための対外活動(企業の方に会ってInternshipやField Studyの可能性を調べるなど)、それ以外の会合ー社外取締役その他、定期的にある会合や打ち合わせ、単発的にある講演やセミナー、原稿を書いたり、講演録を修正したりという「書く」作業、その他会食、出張などの「回数」を記録することに加えて、それぞれの活動にどのくらいの時間を使ったか、ということを記録してみました。

 その結果わかったのは、海外出張が多かったこと、会合の数がその前の年に比べて、50%位増えたことでした。初めて使った時間を記録した結果は、それほど予想とは違っていませんでした。昨年手を広げすぎて、最後の2か月は全くついていけなくなってしまったのは、国内を含めて会合が桁違いに多かったため、だと思います。

 こうしたFACTに基づいて、今計画をしています。(といってもすでに1.5か月過ぎてしまいましたが。。。) 何とか「常に追われている」「活動に必要な時間を十分使ってやっていないのではないかーーこれは私が最も嫌う「やっつけ仕事」になってしまうので」「期待されていることにこたえられていないのでは」「貢献度が低いのでは」などという感じをもたないで済むように、仕事や自分の生活を整理したいと考えています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る