記事の詳細

 mol1昨日2月19日午後、MO Marine Consultingで、操船シミュレーションを見学、ちょっと体験する機会をいただきました。MOMarine Consultingは、私が非常勤役員をしている商船三井が100%所有しているコンサルティング会社です。

 海運業界は今急激な変化にみまわれていますが、海運の安全は最も重要なことなので、こうした経験をすることができて、とても有意義でした。会社の概要を伺った後、超大型シミュレータを使ったシミュレーションを実際に見せていただきました。

 私は名前も洋子(海から来ています)ですが、海や船がとても好きなので、大変楽しみにしていたのですが、期待以上の経験をすることができました。

 船にいるように思われる超大型シミュレータで、まず海図や各種の機器を説明していただき、それからいよいよ船が動き始めました。途中で海が荒れた状況や霧で何も見えない状況をシミュレートした後、海難事故の状況のシミュレート、それから実際に私たちが操船をさせていただくというプログラムでした。 海が荒れている時は本当に荒れているようで、船酔いしてしまいそうでしたし、霧で何も見えないというのはこういうことかとびっくりするほどでした。

 船は大きいし、比較的ゆっくり走っているので、方向を変えるのがなかなか難しいのを実感しました。(前に4級船舶の免許をとった時、自動車とは違うなあと思ったことを思い出しました)

 最後の練習(私たちも操船させていただいたプログラム)は、とてもスピードが速かったし、橋の下を通ったり、火災を起こしている船の近くへいってひとを救助したり、幅の狭い所をとおったりと、みなとても緊張して、何とかやりました。 

 2時間くらいのプログラムでしたが、私にとっては、とても楽しくて(私は海と船ー特にヨットが大好きなので、なおさらですが)、はまってしまいそうです。(といってもこんなシミュレータを見学できる機会はあまりありませんが。。。)

 飛行機のシミュレーションもやりたいなあとどんどん希望が大きくなってしまいました。 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • Ken Nakamura
    • 2009年 2月 22日

    お久し振りです。シカゴの中村です。
    シミュレーションには及びませんが、Youtubeで「cockpit view」とかで検索すると、離陸や着陸のシーンが観られますよ。あと「crosswind landing」も超お勧めです。

    実は小さい時の夢がパイロットだったのです。

    • yishikura
    • 2009年 2月 23日

    中村さん、石倉です。コメントありがとうございます。教えていただいたYou Tubeなど試してみますね。私も一度ですけど、グライダーの操縦を教えてもらったときのことが忘れられません。大空を飛ぶとはなんとすばらしいことか!と思いました。自由で自然のままに。。。

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る