毎年恒例の人間ドックを1月にしたのですが、その結果、精密検査が必要という項目が出てきてしまいました。(3年位前にも別の個所で精密検査が必要となり、結果は問題ありませんでした) 今回ははじめての項目だったので、かかりつけのドクター、そして、以前から存じ上げているドクターに相談した所、それはCTをとるのが一番良いといわれました。

  そこからが結構大変で、まず大きな病院でCTの予約をとっていただくのが10日先になり(それも私の予定がなかなか合わず、調整が必要でしたが)、行く前に予約票をいただいたら、造影剤は必要なかったのですが、4時間前から食事はだめと書いてあり、(その日ランチの約束をしていたーこの検査が必要であることがわかる前から)、ご一緒する方々に前日にメールで、「行きますが、水を飲みます」とお知らせし、ばたばたしながら、病院に行きました。

 検査はすぐ終わりましたが、その病院に行ったのは久しぶりでした。(以前家族がばらばらに2度入院していた病院なので、大体はわかっていたのですが、改装して、施設がすばらしくなっていて、どこに何があるか、流れがわからない)。受付で教えていただいたように進み、検査が終わったまではスムーズだったのですが、その後の活動がわからず、結局、受付や会計、その検査の担当の部署、それから予約をとってくださったかかりつけのドクターの間を右往左往して、携帯を3度かけ、いろいろ確認して、やっと終わりました。巨大なフィルムはいただいたのですが、結果は紹介してくださったドクターの所へ知らせるということで、決着しましたが、それまであちこち歩き回り、いろいろな人に質問し、ということになってしまいました。

 病院や検査は、いく頻度が少ない(ほとんどの人にとって、そうだと思います。マーケティング用語でいえば、購買頻度がとても少ない)ので、消費者サイド(この場合は患者)の経験が蓄積されず、ラーニングがなかなか起こらないサービスだと思います。住宅を買う・借りるのと頻度や購買の大きさは似ているかもしれませんが、自分の命がかかっているのと、消費者が具合が悪い状況で判断しなくてはならないのがつらい所です。(私の場合は具合が悪いわけではなかったのですが、心配はあったので、ちょっと暗い感じでした。)

 いろいろ考えさせられる出来事だったので、数日間は頭を離れませんでしたが(結果を知るまで1週間位かかったこともひとつの原因です)、今日、結果は問題ないと聞いたので、ちょっと安心しています。しかし活動の流れをわかりやすくすることは病院に限らず、とても重要なことだと思いました。