記事の詳細

 今日は雪が降って寒い日でした。昨日から何となく、いつもと違う寒さだなあと思って、ひょっとしてかぜをひいたか(寒気がすると思ったので)と思い込み、昨日は早く寝てしまいました。今日午前中、必死で仕事をしていて、ちょっと外を見たら、雪が降っていました。どうりで寒いはず!と思ったのですが、その時に以前、ボストンにいた時のことを思い出しました。

 ボストンでは、冬が長く、11月中旬から4月はじめまで冬ですし、気温もとても低くーカナダのオタワ出身の友人はこれは寒いうちに入らない!といって、Tシャツなどを着ていましたがー雪が降る日は「暖かい」と感じました。

 ボストンの1月2月は、(少なくとも私がいた頃は)何しろ温度が低く、川は凍ってしまい、歩いて渡れるくらいでした。晴れていても、零度以下なので、氷はそのまま、という日が多く、一方、雪が降る日は零度以上のことが多いので、暖かいと感じるのです。

 雪の日は底冷えするという印象だった東京とずいぶん違うなあと、ボストンにいた時に感じたことを今日思い出しました。場所によって、雪の体感もずいぶん違います。日本の感触と海外の感触が違う、受け取り方が違うということを感じることもよくありますが(だからニュースは日本、米国、ヨーロッパ、アジアを見ないと話が一方的になりがちですが)、これもそのひとつかもしれません。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

  1. 石倉先生

    こんにちは、初めて投稿します。先生が一橋に移られる前の年に先生の戦略論を取っていました。

    トロントに移ってからかなりたちますが、こちらの冬もオタワほどでないにしても冬はマイナスの日が多いです。2℃と聞くと今日は暖かいんだーという感じです。でも今思うと東京の冬もかなり寒かったような気がします。最初は温度計自体が違うんじゃないかとかと思ってたりもしましたが、おそらく東京の人はあまり厚着をしないことも一因かもしれません。前提条件が違うので感じ方も違うのでしょう。

    ではまた、ブログ楽しみにしています。

    • yishikura
    • 2009年 3月 01日

    Toshiさん、石倉です。コメントありがとうございました。トロントはずっと昔行きましたが、きれいな街だなあと思ったことを覚えています。

    私もボストンにいった最初の年は、寒さにたえられる?コートなどを持っていなかったのと(体が慣れないのか?)、「常に寒い!寒い!」という感じでした。

    東京へ帰ってからは、そうしたコートが必要ないので???と思ったことを記憶しています。

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る