記事の詳細

MotoYBldg&damage昨日6月27日から、東北へ来ています。 For English=> ICSの卒業生が、ホテルとバス会社の役員をしていて、私がケースを書いたりしている劇団四季の公演の支援をしていただくアレンジから、思い立ってきたものです。(左の写真)
新幹線で、盛岡まで来て、たまたま盛岡で用事があったというその卒業生の車に乗せてもらい、土砂降りの中、宮古に行きました。宮古の近くの現場や避難所をみせていただき、機動隊や警察、医療関係者が宿泊しているホテルにとまりました。
今朝は、朝早くから、沿岸部を車で下って来ました。かなりがれきの処理が進んでいる所、(右の写真) まだほとんど手がついていない所など、色々ありました。既に3ヶ月以上たっているのですが、津波の力の強さを目の当たりにして、何ともいえません。
pineY仕事と産業のデザインが、最優先課題だと確信しました。予定が強行軍ですし、たった二日間ですが、来て良かったと思います。(左の写真は陸前高田で一本残った松)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

  1. こんにちは。
    先日コペルニクのランタンでお世話になったものです。
    私も今月初めに宮古へ行きました。お客様への支援です。
    やはり沿岸部の被害は甚大ですね。
    その後ずーと南下していきましたが範囲が広すぎて、麻痺してしまう自分が怖かったです。
    今後も支援を続けたいと思っています。
    こちらがその時のblogです。よかったら見て下さい。
    http://www.89sk8.com/huckleblog/2011/06/post-170.html

    • yishikura
    • 2011年 6月 29日

    Yosseeさん、石倉です。コメントありがとうございました。ブログも見せていただきました。そうですね、私も結局9時間近く、車でずっと南へといったのですが、何しろ広い範囲なので、何をするにしても、いろいろな意見があり、大変だと思いました。いろいろアイディアは考えたのですが、どう実践するか、それも長期的な取り組みが必要だと思います。

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る