記事の詳細

仙台から、昨晩大阪に来ましたが、今朝の株主総会を終えて、今 新幹線で東京へ帰る所です。株主総会では最近よく感じますが、 質問がとても的確で、私が株を持っていたら聞きたいと思うことを質問されます。
若い方からの質問も多く、世代の関心の幅が感じられる質問もあり、問題意識を持ってどんどん発言するという姿勢が確かに根づいてきているのではないか、と心強くおもいます。
先日、KMDのクラスで、株を持っている人と聞いたらほとんどいませんでしたが、自分のお金で企業の株を買ってみると、その企業の株価はもちろん、その背景となっている業績が気になったり、業界動向や世界の動きにも関心が向きます。他人事でなく、当事者として考えるようになるひとつの簡単なやり方だと思います。
以前投資銀行に勤めている 友人に、個人の投資はどうしたらいいのか聞いたら、経営しているリーダーグループを買うか、が決めてといわれ、それからは、自分で株を買う場合は、その企業の戦略の魅力(一応私の専門なので)とリーダーグループを判断基準にしています。
経営する方は、投資していただいている株主にこたえ、良い製品を開発、提供し、利益を出し、社会をよりよくしなくてはならないという責任があるので、社外ならではの役割を考えつつ、発言や行動をしようと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る