記事の詳細

p1000162.JPGp1000161.JPG このブログでもご紹介したJ-Winの「キャリア・アップはエキサイティング」というセミナーが9月25日(今日です!)、東京で開かれました。

J-WinというのはJapan Women’s Innovation Networkで、日本アイ・ビー・エムの技術顧問である、私の友人の内永ゆか子さんが理事長をしているNPOです。

内永さんが、基調講演「キャリア・アップを目指す女性たちへのメッセージ」で、ご自身の経験をもとにした、ユーモアのセンスあふれ、同時にとても示唆に富み、具体的なヒントがそこここにあるスピーチをしたのに続いて、日本アムウェイの社会貢献部部長岩城淳子さん、イープ取締役会長の杉口正子さんとご一緒に「キャリア・アップってエキサイティング!」というタイトルでパネルをやりました。

今回の特色は、基調講演とパネルに続き、パネリスト4人が4つのグループにわかれ、各グループ10人程度の参加者と、「キャリアアップとはどういう意味?」「ワーク・ライフ・バランス」というテーマでブレイクアウト・セッションをした所にあります。ただ聞くだけ、質疑応答だけでなく、参加者の方々に話してもらおう!という趣旨だったので、ブレーンストーミングに最近はまっている私は、この企画がとてもうれしく、ホワイトボードを使って、議論をしました。(その前に昨日ご紹介した名前を覚えるゲームも少しやりました。機会があったら常に試すのがコツです)

30分強それぞれのテーマ(2回目のグループは1回目と違う人たち)で議論をする中、途中で各2グループからのレポートがあり、最後は、パネリストがまた一言ずつコメントし、(私はICSのことや、iTune-Uのことを紹介)、最後に質疑応答、次のステップの確認をしました。

いろいろなアイディアが出ましたし、参加者の方々の経験や質問を聞く中で、私自身も学ぶ点がたくさんある有意義なセミナーでした。

J-Winではこうしたセミナーなどをこれからも続けていくそうですので、ウェブサイトを時々見てください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • Ikeda,Hiroko
    • 2007年 9月 26日

    こんばんは。
    本日セミナーに参加いたしました、池田と申します。
    (ブレイクアウト・セッションでレポートさせていただいた者です。)
    エキサイティングなお話、ありがとうございました。

    キャリアについては、「私にとっての正解とは・・・?!」等と頭でアレコレ考えがちなことも多いのですが、今日のセミナーでパネラーの方々のお話を伺い、(月並みですが)『まず「楽しそう!」と思ったことをやってみること』がどんなに大切か、心の深いところで理解できた気がします。

    また、参加者の方々の情熱に励まされました!
    最後には、悩みや志を共有する同志のような連帯感が生まれていて、とても幸せな・心強い気持ちになりました。

    多くの方がこういったセミナーに興味を持って下さると良いな、と思います。
    長々と失礼致しました。

    • Fumiko Kimura
    • 2007年 9月 26日

    昨日セミナーに参加させていただきました。
    木村と申します。
    普通に仕事をしているとエグゼクティブの方、トップマネージメントの方とお話する機会がほとんどありません。
    昨日はお話させていただいて、自分たちより高い目線、広い視野からのコメントを頂いて目から鱗が落ちるようでした。
    今までの自分から一歩踏み出す勇気をいただきました。
    プレゼンテーションなどのノウハウを伝授していただけたらと、発言させていただきました。
    トレーニングなどで機会はあるとは思いますが、実際にトップの方々のプレゼンなどを目にする機会はないので、次回以降も楽しみにしております。
    石倉先生のブレインストーミングやファシリテーションも是非、参加させていただきたいと思っています。

    • yishikura
    • 2007年 9月 28日

    石倉です。池田さん、木村さん、コメントありがとうございました。
    まだブログになれず、コメントにどうコメントしてよいかわからず、遅くなってしまいました。

    いろいろな人がやっているプレゼンテーションやセミナー、その他、司会 などを数多くみて、こういうスタイルは好き、あまり好きでない、自分のスタイルに合うか、合わないか、など、実際に見てみることと、あまり深く考えず、どんどん試してみるのがコツだと思います。

    何しろ「生で見る」こと、(最近はネットでもいろいろなものが見られます)場数をふむことをお勧めします。

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る