記事の詳細

YIKK GAStitle土曜日7月23日の夕方、六本木のアカデミーヒルズで、昨年1年間やっていたグローバル・アジェンダ・セミナー(GAS)の同窓会が開かれました。For English=> (左の写真)同窓会をするので日程をという知らせが来たので、夕方ならお台場の国際女性ビジネス会議からそのまま行くことができると思い(他の日がかなり難しかったこともあり)、23日にしていただきました。

プログラムの内容を聞いた所、参加者の一部から、個人レポートで書いたプロジェクトのその後の進捗を紹介してもらうセッション、GASシリーズの個人レポートでグランプリをとった深堀さんの世界経済フォーラム東アジア会議出席の報告、そして、私のKMDでの活動ということになっていました。メディアデザイン、KMDでの活動を紹介するにはとても良い機会だったので、スライドを作ったりしていましたが、念のためと思って、皆英語でやるのでしょう?と聞いた所(昨年のGASはほとんどすべて英語でやりましたから)、日本語だという答が返ってきました。さすがいつもはあまり怒らない?私も、「グローバルリーダーになろうという志を持つ人たちがなぜ英語でやらないのか、1年苦労してやってきたのはどこへいったのか」と思い、「まさか、日本語でやるとは、信じられない、なさけない!(確かこんな感じだったと記憶しています」とメールしました。

YIGAS YIGAS2そうしたら、「すでにプレゼンテーションをする人たちには日本語といってしまったから、もう変えられない、だが、私のプレゼンテーションは英語で」という返事が来ました。その答に、かなりがっくり来ていたのですが、当日行ってみたら(国際女性ビジネス会議で時間がとられたので、30分近く遅れてしまいました)、何と皆英語でやっていました! (黒川清さんは、GASのアドバイザリーボードであり、GASセッションにも何回か出席してくださっているので、お台場からそのまま時間に間に合うように六本木に来ていただいており、コメントや質問も積極的にしてくださっていました。一番上左の写真は二人がプレゼンテーションを聞いて笑っているものです)

それぞれのプロジェクトのプレゼンテーションは、かなり展開しているものあり、社内の説得に苦労しているものあり、プランの変更あり、といった所でしたが、実際にいろいろ努力して進めているのがわかりました。また新しいプロジェクトも立ち上がっているようでとても期待できるものでした。

最後に私が、 KMDの紹介(もちろんコメントもですが、プレゼンテーションもです)をしましたが、それまでとどんなに違う世界か、テクノロジーが大きな役割を果たしているか、別世界にいったようで苦労も多いか、でも新しいことがいろいろできそうでどんなにエキサイティングかを話して、同窓会Part1は終わりました。 (下の2枚は私がKMDのことを話している時のものです)

それから場所をうつして、Part 2のレセプションをしました。生ビールのおいしかったこと(朝4時起きで一日中働いたという感じだったので)、皆の話がとてもおもしろかったこと、転職している人が多かったことなどが印象的でした。1年間一緒にやってきた仲間なので、こうした活動を続けていきたいと思いますし、私も毎回何か新しいことを紹介できるようにしようと思いました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • Ueno
    • 2011年 7月 29日

    先日はありがとうございました。半年ぶりのGASでしたが、新しいチャレンジ話が多くて大変刺激を受けました。経験あ則だけでは新しいイノベーションは生まれない。プロトタイプを作って、それをブラッシュアップという 新しいサイクルは目からウロコでした。
    世代やタイトル、キャリアにとらわれずに、OrganizeされたこのGASは、本当に刺激を与えてくれるありがたいチームです

    • yishikura
    • 2011年 7月 29日

    Uenoさん、石倉です。コメントありがとうございます。GASのグループは志を同じくする仲間であり、1年苦労した仲間でもあるので、とても貴重だと思います。私もGASをやったことから、いろいろ学ぶことが多く、新しいことも知りましたし、続けてInspireし、され続けたいと思います。

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る