今日は9月30日。今年もあと3カ月です。9月はKMDのいろいろな活動が錯綜し、大連のサマーダボス会議や箱根の合宿、晴海でのクラッシュコースなど、何日かあったはずの休日もイベントが続き、結局休みは一日もありませんでした。

 また午後から病院で検査があったため、一日ほとんど何も食べられなかったり、半日食あたりで寝ていたり、という突発的なイベントもあり、睡眠時間がどんどん削られる中で、海外出張中にそれをとり返すという具合でした。 (しかしKMDの私の仲間の中には9月だけでシンガポール往復を4回?(かそれ以上)する人もいます。。。)

 今朝は、フォーラムで基調講演をしましたが、朝一番だったので10時半には終わり、その後、4週間いっていなかった両親の所へ行きました。(毎週か1週おきには行きたいのですが、仕事に追われて間に合わなかったり、私自身が体をこわしたりして、結局4週間いけなかったのです。)行くととても両親が喜ぶので何とか行きたいと思うのですが、時間がどう考えても間に合わず、行くことができないことも幾分ストレスになります。

 本来の仕事(KMD,社外取締役をしている企業の仕事、グローバル・アジェンダ・カウンシルなど世界経済フォーラムの仕事など)と、私しかできないこと(両親の所にいくことなど)だけしようと考えているのですが、毎日締め切りや講演、プロジェクトの活動に追われてしまったひと月でした。

 以前経営コンサルティングの会社にいた時やその後も感じましたが、人は、お金、健康、時間があまりになくなると性格まで変わる(というかゆがむ)と思うので、(最近の私のブログはちょっとそんな感じで、周囲に八つ当たりしたり、すぐ腹をたてたりしていますから!)、10月はなるべく活動を絞っていこうと思っています。

 特に、私は要領よくさっとできるというタイプではなく、かなり時間をかけ、自分なりに納得できるまで準備やフォローをしたい(しないとストレスになって、精神的に良くない)というタイプなので、何をするにもかなりの時間がかかります。そういう中で、締切りに毎日追われる生活は避けねばならないのです。

 先ほども、今日までの資料はどこか?という催促のメールが来て(今やっている最中なのですが、終わらない!)、夜12時までには何とかしようと思っている所です。今日中というのは夜中までだ!というのが24/7の世界ですから。(まだ海外は金曜日なので、明日朝までは安心できませんが。。。)