記事の詳細

 昨日10月3日から、KMDの新しい学期が始まり、9月入学の英語で行われるクラスが始まりました。For English=>   9カ国から14人の学生が新しく入ってきたのですが、少人数なので、先週のクラッシュコースを通じて、かなり顔なじみになっています。そこで、約1週間ぶりとはいえ、クラスの前に2-3人見かけて、とても懐かしい!ような気持ちがして、クラスをとても楽しみにしていました。

 メディア・マネジメント基礎のクラスは4人で交代に教えるのですが、4月の同じコースが私にとって初めてであり、日本語、70人と多かったのに比べて、今回は少人数ですし、英語なので?、いろいろなことができそうです。

 昨日は担当する4人がそれぞれのセッションを紹介しました。私は3番目に登場するので、それまでの流れと私のセッションの位置付け、その後で続くスタート・アップとの関連を紹介しました。少人数で英語なので、interactiveにする計画ですが、企業のケースなどは皆の関心が高い分野や日本がユニークなものを使おうと、まだ決定はしていません。

 4人がそれぞれ自分のセッションの紹介をした後、時間があったので、とっさにFacebookとGoogleのどちらのトップになりたいか、という仮想の質問をしてみました。Apple とMicrosoftの比較の話がその前にあったので、ちょうどいい!と思ったこと、皆をengageしたいと思って、試してみたものです。もちろん私自身も20代位の各国の人がどんな意見を持っているか、に興味がありました。

 短い時間でしたが、戦略の方向性(多角化かフォーカスか)、ポリシーとの関連、技術の課題、ユーザーとしての経験などが出て、興味深いものでした。 とっさに考えてその場でやる!という即興性は常に試したいと思っています。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る