記事の詳細

 先週はミュージカルの歴史を振り返り、時代における斬新さを考えさせられる出来事が続きました。まず、劇団四季が東京五反田のキャッツ・シアターで公演中のミュージカル「キャッツ」を見に行く機会がありました。劇団四季は、クリエイティブな業界における事業の戦略や組織、創業と戦略の進化という点で、学ぶ点が多い組織です。そこで、2003年の劇団四季の創立50周年の頃から、劇団四季の戦略や組織、その変遷をとりあげたビジネス・ケースを書いたのですが、(このケースは「一橋ビジネス・レビュー」に掲載され、その後もケース単体として、企業の研修プログラムなどでもよく使っています)劇団四季の歴史を振り返る中で、キャッツが劇団四季や日本のミュージカルの歴史にとって、どれだけ大きな意義を持ったか、画期的だったかを知ることとなりました。 私自身は日本でもニューヨークでもキャッツを見ていなかったので、当時公演をしていた仙台まで日帰りで見に行きました。その後、200411月から、東京でも再び上演されており、9月はじめに、東京での公演は1000回をこえ、まだロングラン中です。 キャッツを見るといつも痛感するのは、そのユニークさ、斬新さです。少なくとも私が知るミュージカルとは、猫の世界という基本的なコンセプト(T.S. Elliott“Old Possum’s Book of Practical Cats”が原点)、ストーリー、セット、バレエ(ダンス)の多さなどから見ても、かなり違うと思います。

こうしたユニークなミュージカルを1981年にロンドンで上演したTim Rice(詞)とAndrew Lloyd Webber(曲)のすばらしさ、それを1983年に日本にもってこようとした浅利慶太氏をはじめとする劇団四季の先見性に感心します。またロングランを実現するため、仮設劇場を作ったり、電話による切符の販売など新しいインフラを整備したこと、初日に電話で膨大な数の切符が売れたという事実など、キャッツは日本の演劇界において画期的だったことを思い出しました。 

 また、先週2007926日はWest Side Storyがブロードウェイで初演されてから50周年でした。(カーテンコールの模様はこちら。) 私がこのミュージカルに触れたのは映画でしたが、Jerome Robbinsの原作、Leonard Bernsteinの音楽、シェークスピアのロメオとジュリエットをニューヨークという場で再現したことなど、今思い返しても、映画を見た時のインパクトは忘れられません。  25年、50年といずれも初演からは時間がたっていますが、今見てもインパクトがあるのはすばらしいと思います。

またいずれの作品の関係者も、これ一本だけでなく、ヒット作品を多数出していることを考えると、世界に通じるプロフェッショナルの真髄を見るような気がします。もちろん、こうしたすごい人たちでも失敗作はかなりの数あることを考えると、何しろ挫けず、継続して新しいことに挑戦する姿勢が大切だと思います。こういうすごい人でも失敗が多数ある!と聞くと、とても元気になります。 

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る