月曜日10月31日に六本木アカデミーヒルズでやった岩瀬大輔さんとのセミナーで、最後に、岩瀬さんが子供や孫に語ることのできる「それぞれの本」をつくる、ストーリーを、という話が出ました。

その時に私も、今自由劇場で上演している劇団四季のコーラスラインの例をひきました。コーラスラインは私が大好きなミュージカルなのですが、コーラスのメンバーを選ぶオーディションで、ディレクターがオーディションを受けに来ている人達に、それぞれのストーリーを語ってほしい、といいます。そしていくつかのストーリーが語られるのですが、それぞれがとても感動的なのです。

私は、今回上演されているコーラスラインのプログラムに、「戦い・競争の場で必要な『一人一人のストーリー』」というタイトルのコラムを書いています。そのメッセージは、先日の「変わる世界とあなたのキャリア」というセミナーのサブタイトルでもある「誰にも可能性は開かれている」と共通しています。そのコラムの最後で「誰にでもあるユニークなストーリー、貴方だったら何を語りますか?」と問いかけています。コラムはこちらからACLp19ご覧ください。そしてコーラスラインもぜひどうぞ。