broadway1stpatricks1 6か月振りでニューヨークに来ています。この間来たのは、Lehmanが倒産した9月の週末だったので、そのあと急激な変化を見せた経済危機の中、どんな様子かと興味を持ってやって来ました。また着いてから2日ですが、思いのほか変わっていないというのが印象です。土曜日昼に来たのですが、週末は相変わらず家族連れが多く、買い物をしたショッピング・バッグを持っている人がかなりいます。セールをやっている所も多いようです。

 たまたまついた日は天気がとてもよかったので、すかっとした気分になりました。天気によって、都市の印象はずいぶん変わります。3月末は時によって雪が降ることもあり、まったく春ということもあり、難しい時期なのですが、東京と同じか、少し寒いくらいとちょうどよい気候です。

 なぜニューヨークが好きなのかなあと思っていたのですが、着いたとたんに「ニューヨークは大人の町ですね」と前に誰かがいっていたのを思い出しました。若者の町ではなく、年齢も比較的高い、プロフェッショナル(金融がいまの状態だとこれは幾分???かもしれませんが)の町という感じが強くします。(そこで、すでに若者とはいえない私にとっては、とても過ごしやすい都市なのかもしれません)。同時にダイナミズムが感じられる町ですし、どんな格好をしていようが誰も意に介さない都市のように思われるので、気楽です。経済危機はあるにしても、人々は相変わらず元気が良くて、Hi How are you? と親しげに声をかけてきます。 

 今回は着いた土曜日の夕方に、Fifth AveにあるSt. Patricks’のミサに行きました。ここはとても広く、音楽もあり、すばらしい教会です。(右の写真は中の様子) そのまま軽い食事をして、さっそくミュージカルを見に行きました。(さすがに途中でちょっと眠かったのですが、ニューヨークに来たからにはShowを見なくてはと思うので。左の写真はBroadway)