記事の詳細

1週間、ニューヨークにいたのですが、3月の割には(通常はまだ北風が寒く、時々は雪が降り、外を歩き回るのも大変なことが多いです)、春を通り越して夏のような天気に恵まれ、人々がうきうきしているのが感じられました。ちょうど学校が春休みの季節でもあったので、フロリダなどに行く人たちも多い時期です。 今日25日(日曜日)は風が強くなってきて、通常の天気に近づいているようですが。。。

なぜ私はニューヨークが好きなのかな、この街にいるとリラックスできるのかな、と考えたのですが、この街の一番の魅力は、いろいろな国のいろいろな格好をした人が回りに沢山いることだと思いあたりました。外に出れば、肌の色や髪の毛の色が多様な人が、それぞれ思い思いのスタイルで歩いています。どこの国の人でも、肌の色でも、何歳でも、どんな職業でも構わない、という雰囲気がこの街にはあるような気がするのです。

nystreet51 そして、誰にでも、話しかけられる、何でも聞ける街です。私が良く聞くのは、「ここから一番近くのスターバックスはどこ?」というものですが、ホテルのベルマンに聞いても、警官に聞いても気軽に教えてくれます。 またジムにいって、「外は雨?」とか、「どのくらい寒い?」とか聞いても、答えてくれます。(もちろん「外へ出ていないからわからない」という答の時もありますが。。) コーヒーのカップを持っていると、「店はどこ?」と逆に聞かれることもあります。また、「5番街はこちら、それともあちら?」なとど道を聞かれることも多いです。

jogce0 マンハッタンはほとんどの通りが碁盤の目のようになっていて、通りによって北向き南向き一方通行などがあるので、南北、東西の通りがわかれば、初めてでもほとんどどこにでも行くことができます。また車は混んでいるので、どこにでも歩いていくことが多いです。特に今回のように天気が良いと歩くのは気持ちが良いので、1万歩はもちろん2万歩位歩くこともあります。 健康的?というのはおかしいですが、セントラルパークは広々しているし、走れるし、自転車で走っている人も多く、レンタルバイクもあるので、天気さえよければ楽しい所です。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る