この間からお知らせしているグローバル・アジェンダ・セミナー(GAS)2012第2ターム(5月から7月開催)の参加者が決まりました。応募最終日にサーバーがダウンしてエラーメッセージが出るという事件があり、応募していただいた皆さんにはご迷惑をおかけしてしまいましたが、週末に応募書類を見て、今回の参加者を決めました。

WEBエントリーはしたけれど最終的に応募する前にあきらめた方もかなりおられるようです。このブログでも、何度か、時間の余裕を持ってかなり前から書き始めた方が良い(特に英語での回答もあるので)などアドバイスしたのですが、仕事をしながら、英語を含めエントリーシートを書くのはなかなか大変なようです。実際、ビジネス・スクールなどへの応募などはもっと大がかりで、自分自身について深く考えなくてはならないので、多くの人がそこで挫折してしまいます。=>For English

応募書類でもそうですが、何かを「書く」というスキルは身につけておくといろいろな時につかうことができます。(話すこともそうですが)基礎を習い、それから自分自身何しろたくさん書く、そして良いものを読むということがコツのようです。何かのきっかけを使って、「書く」ことを自分に課すと良いと思います。 

 GAS2012のアプリケーション、St. Gallen Symposiumのエッセイコンテストを書くためのスキルを上げるために、何ができそうか、今アイディアを検討しています。