記事の詳細

 さきほど私がディスカッションリーダーのひとりをつとめたワークショップが終わりました。For English=> 最終日3日目の朝9時からのワークショップというのはなかなか人が集まらないのですが、4つのテーブルに分かれて、活発なディスカッションができました。

 Dan Isenbergのファシリテーションは参加者を巻き込むという点でとてもすばらしいものでした。課題のたて方、質問の仕方がよく考えられており、そこから各テーブルでかなり白熱した議論が進みました。1時間半だったのですが、あっという間に終わってしまいました。私のテーブルの参加者の中には、他のセッションであった人もいて、また知り合いが増えました。 その後、ICTに関するセッションを少しだけ聞いて、ホテルに帰り、チェックアウトをして、今ホテルのロビーで待っています。

5日間のアジスアベバでしたが、新しい経験あり、学ぶことあり、また体力と健康の重要さを知り、ととても充実した5日間でした。目を開かれるような体験も多々ありました。やはり実際に来てみないとわからないことが多いと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る