昨日7月26日夜、六本木アカデミーヒルズで、9月から開始される(今、応募受付中)グローバル・アジェンダ・セミナー(GAS)2012の第3タームの説明会が開かれました。

まずアカデミーヒルズのGAS担当である清水さんが概要を説明した後、第2タームに参加された3人の方が、なぜGAS2012に参加したのか、何を得たのかなどを話してくださいました。 その後、私が最初は日本語で、なぜGASを始めたのか、グローバルに活躍するたにはどんな力が必要か、GASをやっていく上での教訓などをお話した後、実際のセッションとはどんなものなのか、と実感していただくため、英語で少しディスカッションをしました。内容は、まず今グローバル・アジェンダといわれているもののうち、10項目位をリストし、そのなかでどれが一番重要かという質問を参加者に投げかけました。その後、なぜそれを選んだのか、という背景について、何人かの方にコメントをしていただきました。(私が勘違いをしてしまい、選んでいただいた項目でないことについて聞いてしまい、最初に質問した方には申し訳ないことをしてしまいましたが。。)

その後、今後はお越しいただいた全員に何か発言していただこうとと思って、「皆さんの考えるグローバル・リーダーとは?」という質問をしました。その結果はなかなか興味深いものでしたが、今度はそのリストを眺めて、どんなことに気がつくか、という質問をしました。(このやり方は他の問題でも良く使います)

今回は、「無料」で体験できる!というセミナーだったので、申し込み者が定員の3倍以上となってしまい、多くの方が抽選にはずれてしまったので、はじめてUstream中継も試みました。実際Ustreamでみるとどうだったか、やっている本人(私)には見当がつかないのですが、少しでも多くの方に感触を得ていただければ良かったと思います。

9月には何人かの方々と一緒にGAS2012第3タームを始めることができるとうれしいです。