記事の詳細

 昨日は、ここの所毎年いっているピースハウスというホスピスのチャリティコンサートに行きました。日野原重明先生が理事長であるライフ・プランニング・センターが運営している独立型ホスピスであるピースハウスのために、毎年、元宝塚の姫由美子さんが中心となって行われるコンサートです。

 私はずっと以前、日野原先生の「追っかけ」をやって、講演会を探していったり、手紙を出したり、そして自分で担当していた衛星放送の番組にゲストででていただいたりする中、このコンサートを知り、毎年のようにいっています。(ピースハウスは見学にも行きました)

 私は音楽が好きなので、コンサートに行くと、いつも元気になるのですが、今回は日野原先生の「15歳の寺子屋:道は必ずどこかに続く」を買って読んでいたら、日野原先生ご自身の「なりたいモデル」の話が出てきたり、ペイフォワードの話が出てきて、何となく元気が出てきました。(チャリティバザーもやっているので、いつも衝動買い?をしてしまいます) 

  日野原先生のご本は多数読んでいるので、多くは知っているのですが、なぜ医師になろうと思ったか、とか、小学校時代の先生の話、それ以外にも子供時代の友人のモデルの話など初めての話も多くて、心を打たれました。

  いくつになっても、ああいう人になりたいなあ、と思う気持ち、あこがれを持っているのは、すばらしいことだと思います。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 秀永 米和
    • 2009年 5月 19日

    石倉 先生

     ピースハウス病院の秀永米和と申します。18日(日)は”姫由美子のコンサート”にお越し下さいましてありがとうございました。その上、タオル、Tシャツも寄贈いただき重ねて感謝申し上げます。
     当院は、皆様の尊いご援助で成り立っている病院です。皆様のご厚意に応えるべく、地域社会から尊敬されるよう、病院運営に努力したいと存じます。
     
     もし、よろしかったら、遠いところですがお出かけ下さい。当日は、日野原も参ります。

     「夢コンサートへのお誘い」
     1.日時   2009年6月7日(日)14:30より
     2.場所   ピースハウス病院 松本記念ほーる
     3.演奏者  神谷 郁代(ピアノ) 
             漆原 朝子(ヴァイオリン)
     4.曲目   モーツァルト   ロンド イ単調 K.511
             ベートベン    ピアノソナタ第8番 ハ短調 悲愴  他
      
     改めまして、いつも、ピースハウスのことを気に掛けていただきありがとうございます。

    • yishikura
    • 2009年 5月 20日

    秀永様、石倉です。コメントありがとうございます。ピースハウスもチャリティ・コンサートも「継続は力」ということを感じさせる、とても意義のある試みだと思います。こうした動きを続けていけるように、若い人たちをどんどん巻き込んでいきたいと思います。

    病院経営も課題はとても多いですが、意欲のある人たちに参考になるモデルができていけば、少しずつでも進むと思うので、期待しています。

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る