記事の詳細

 anaseat2anaplane                                  

 

 

 

anaengine1

 月曜日は、ゼミの学生と一緒に、羽田にあるANAの機体メンテナンスセンターを見学させていただきました。=>For English

 他企業のトップの方々と一緒に、ANAのアドバイザーをさせていただいていたこと、社内報のためにインタビューを受けたことなどから、お招きいただいたものです。 この見学は一般に公開されているのですが、とても人気があります。もちろん飛行機が大好きな私はすぐそれにのり(!)、ゼミの学生もさそって、皆で行きました。

  人気があるだけあって、とてもうまく企画されており、最初の45分は説明を聞きました。いろいろな機体の種類、ペイント、整備のタイプなどを説明していただくのですが、学校の生徒やその他のグループなどかなりの人数を巻き込んで、質問をしながら、進みました。機体の部材がどう変わってきたか、(実際に重さを比べたり)、ライフジャケットのつけ方のデモンストレーションをしたり、どうして飛行機が飛ぶのかの実験をしたりと、とても楽しいものでした。(左の写真は、シートを試している私たち3人)

 その後、小さなグループにわかれていよいよ格納庫を見に行きます。何しろものすごーく広くて(7機格納できるそうです)、整備中の飛行機が最初は周囲の足場に囲まれていて見えず、「飛行機はどこ?」という感じでした。3階位の高さから、地上まで降りていくのですが、近くでみると飛行機は本当に大きく、高いということが良くわかります。(中央の写真は小さな私と大きな飛行機です) 飛行機が飛び立つ所を近くから見ることもできて、すばらしいものでした。

 その後、特別に近くにあるエンジンのメンテナンス・センターを見せていただきました。明るく、広い(まだ新しいそうです)センターで、エンジンをモジュール、サブモジュール、さらに部品と分解して整備するそうです。エンジンは巨大です。(右の写真はエンジンの前の私たち全員-少し左が切れています!)  こうした機会を与えていただき、とても有意義でした。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

  1. 私も飛行機大好き人間です。メンテナンス・センターの見学が一般にも公開されているとわかり
    今度、東京に行くときは予約して、ぜひ、行ってみたいと思います。
    教えてくださって、ありがとうございます。

    飛行機に乗っていて一番ワクワクするのは離着陸の時だと思います。
    なぜか、無事に飛ぶよう、着陸するよう、手を合わせて祈ってしまいます。

    私の住む広島では空港が移転してしまって、国内の移動は新幹線が便利になってしまい
    飛行機にご無沙汰していますが、次はきっと海外へ飛べることを目標にします。

    • yishikura
    • 2009年 5月 23日

    Bennieさん、石倉です。コメントありがごうございます。メンテナンスセンターの見学はお勧めです。ぜひどうぞ!

  2. Great post. I used to be checking continuously this weblog and I am inspired! Very useful information specially the closing phase 🙂 I maintain such information much. I was seeking this particular info for a long time. Thank you and good luck.

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る