今まで何度か体験しましたが、週末、ずっと仕事をしなくてはならないと、月曜日にリフレッシュした気持ちで新しい週を迎えることが難しいようです。これはいわゆる「仕事」でなくても、たとえば企業研修などでも同様です。

以前、よく企業研修を担当していた頃、企業側は週末にやってほしいという要望が多かったのですが、土日続けてやると、大体の場合、参加者の満足度は低くなることが多かったと記憶しています。ある程度こうした傾向が事実としてはっきりしてきた後は、企業から週末にしてほしい、とご依頼を受けても、土曜か日曜のどちらかだけにしましょう!とかなり強く主張して、大体そのようにお願いすることができました。

週末2日間まるまる仕事や研修ということになると、月曜日は「さあ今週もやるぞ!」という気分になるのが難しく、火曜日の夕方になると、どっと疲れ(どちらかというと精神的)が出ることが多かったからです。

こうした傾向は仕事だけでなく、家族の介護や看護についても同様だと思います。家族の看護のために毎日病院に通うとか、仕事は週日にして週末は介護に行くなどという生活が続くと、自分の健康も損なわれることがあると思います。

やはり日曜日は休むのが一番です!休むというのは、自分の時間と自覚して、自分のために使うということです。また丸一日休むことができない場合でも、数時間は「これは自分のための時間」と意識して、自分のために使うのが活動を長続きさせるコツだと思います。