記事の詳細

今朝BBCのポッドキャストを聞いていたら、開幕したパラリンピックの話が大々的に取り上げられていました。開会式の話、パラリンピックがどうして始まったか、それからの歴史などが紹介されていました。

最近別のニュースでも良くパラリンピックのことが出てきています。そのことがきっかけで、Ted Kennedy上院議員の息子が足を切断した後、スキーをしている写真を何十年も前に見たことを思い出しました。足が不自由だけど、スキーができると風を切っている感じがすばらしい!というようなコメントが出ていて、とても感動したことを覚えています。屋外で風を切って進むという感じがとても鮮やかでしたし、長い間できなかったその感触をまた得ることができる、という話が心に響いたことを思い出しました。

先日、ある企業でCSRに関連するセミナーをする機会をいただいたのですが、その時に短時間ですが義足の研究をしておられる方にお目にかかりました。義足もどんどん進化していると聞いていますし、技術でできることがたくさんありそうだ、と感じました。たまたまですが、数日の間に、関連した話が続いたので、パラリンピックの開会式の動画を探してみました。とてもImpressiveです。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る