記事の詳細

201209.21Campsmile_all19月20日から21日、丸2日間、KMDの修士1年生(博士課程の学生も一部参加)と、晴海でプロジェクトの合宿をしました。For English=> これまでいろいろな活動をしてきたのですが、もう一度原点に戻って、そもそも何を目指しているのかという哲学やビジョンを考えてはどうか、と9月初めに提案した所、それなら合宿をして一挙に決めるのが良い、というアイディアが学生側から出てきました。なるほど!と思って、日程を探した所、なかなか皆がそろう日がなく、結局、私がKMD9月入学生のためのオリエンテーション(2泊3日)をしている期間しかないという結論になりました。 そこでオリエンテーションをしている近くの宿泊場所を探し、私が一部参加できるようにしてもらいました。

宿泊場所、日程やスケジュールを決め、プロジェクトのメンバーに連絡するという作業を、皆学生主導でやってもらったのですが、さすがに実務、それもプロジェクトマネジメントの経験が豊富な学生が率先してやってくれたので、合宿はとても充実したものになりました。初日の最初には私も出席し、ありたい姿を絵にかき、説明する作業を一緒にやりました。夜の月島での飲み会は、体調を考えてはやくから寝ていたため参加できませんでしたが、2日目の朝の築地市場の後でKMDの新入生も含めたカジュアルなミーティングには参加しましたし、その後のミーティングでは、1日目のRecapを聞いて、いくつかコメントをしました。

KMDのオリエンテーションの合間に合宿の様子を聞きに行っていたので、あっちへいったりこっちへいったりと錯綜していましたが、プロジェクトのミーティングは私にとってはとても楽しく、行くたびに元気とエネルギーを取り戻す(この頃体調が万全でなかったので)という感じでした。プロジェクト合宿の最後の部分に参加し、皆の印象や感想を聞いた所、全体像がはっきりしてきた、すっきりしたというコメントが多かったので、とてもうれしく思いました。皆にとっても2日間とても充実したものだったようです。

合宿が良い!という提案をいかしたこと、学生主導で進めたこと、オリエンテーションの場所の近くでやって私が一部参加できたこと、いずれもとても良かったように思います。私にとっても、学生主導でやることの意義が良くわかり、自信をもって任せられると確信した2日間でした。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る