記事の詳細

昨晩、とてもすばらしいことがありました。For English=> 私が中学生か高校生の頃、毎朝、母に車で近く(といってもかなり遠かったのですが)の駅まで送ってもらっていました。その時、近くに住んでいる一年後輩も一緒にいっていたのですが、何と、数十年ぶりに、メールをいただいたのです。

高校の時以来、一度もあっていないと思うのですが、今は米国ワシントンの近く、バージニアに住んでいるそうです。インターネットでたまたま私のことを見つけて、メールをくださったのです。

バージニアに住んでいる後輩は、母のことを良く覚えていてくださって、元気ですか、と聞いていただいたのもとてもうれしいことでした。(母はとても弱っているのですが、今週末、両親の所へ行ったら、早速知らせようと思います。)

「私のことを覚えていますか?」とメールで聞かれたのですが、すぐわかって、返事をしました。そして私もバージニア大学のビジネス・スクールにいっていたこと、数年前までVisiting Professorで毎年1週間位はいっていたことなどを知らせました。今度ニューヨークに行くので、その時に電話で話そうと思っています。

私は最近、世界がつながっていると同時にいろいろな断絶(世代間、仕事と人、教育と雇用、市場と本社など)があるので、もう一度Connectをリデザインしようといっているのですが、まさに、自分の身に、時代をこえ、地域を超えたConnectが実現したので、とても感動してしまいました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • Seigo Aoyagi
    • 2012年 9月 27日

    Ishikura-sensei,
    Can you recognize me?
    This is a lovely story!!

    • yishikura
    • 2012年 9月 27日

    Yes! We met in Nagoya few years ago and you gave me OMIYAGE for my parents.
    You are medical student in Mie and participated in GCMP, right? Thank you for your comment.

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る