私は運動が好きなので、ほとんど毎日のように何らかの運動をもうxx年もやっているのですが、毎日そのための時間をとるのが難しいことがあります。そうした日が続くとだんだんirritableになったり、集中力がなくなったり、八つ当たりをしたりということになってしまいます。 そこで始めたのが「ただただ歩く!」ことです。

このブログでも書いているように、6月の早朝集中講座に続いて、9月も集中講座を朝8時から2時間やっていました。8時スタートの時は5時前に起きていたのですが、さらに運動をしようとすると3時半頃起きなくてはならず、それはあんまりだと思ったので、何とか他に方法はないか、と考えました。

そこで考えついたのが、朝3kmちょっと離れた駅まで歩くことです。最寄りの駅は歩いて5分位なのですが、別のルートで3km少し歩くと、路線をカットできることに気がついたのです。(バスも走っているのですが、時間があてにならないので、オプションからははやい段階で消えました)

試してみた所、6時半頃自宅を出るので、比較的涼しいし、すいているし、ということで、すっかり気に入ってしまいました。最寄りの駅から行くのと時間的にはあまり変わりがないことも発見しました。歩きながら、英語のニュースのpodcastを聞いているので、毎日世界で何が起こっているか、を知ること、英語を聞く時間が必ず確保されるのもメリットです。

結局集中講座がある日、それ以外にも朝から会合などがある日はほとんどすべて歩いていきました。だんだん慣れてきて、大体30分位で歩いていけるようになったのですが、このやり方をすると、一日中、いつ運動する時間がとれるか、とか、夕方帰ってきてからあわただしくやらなくて良いので(一応歩くことである程度の運動量が確保されているので)、安心できるようにもなりました。(毎日運動している人はわかると思いますが、運動の時間を確保するのは、かなり重要なことなのです!)

そして今日は、初めて駅から自宅と逆方向に歩いてみました。午前中KMDで会合があったのですが、午後は自宅で講演やクラスの準備をしようと思っていたので早めにオフィスを出て、逆方向に歩いたのです。さすがに早朝とは違って、景色が違いましたし、人もずっと多く、坂道があることにも気がつきました。

ずっと続けた中で、足がだるくなってしまったこともありますが、何しろ歩く!というのは、体への負担が少なく、簡単にできるので、とても良いと思います。今の課題は、歩くためのスニーカーやサンダルを持ち歩くのが大変ということです。オフィスと自宅にそれぞれおいておけば良いか、とも考えていますが、まだこれは!という案が浮かびませんが。。。