記事の詳細

先週後半からニューヨークにいるので、米国人の友人と会うことが多いのですが、政治の話題になることが多いです。For English=> もちろん一番の関心は今日第3回のディベートが終わった米国大統領選です。

ディベートは終わりましたが、今の所、ものすごい接戦で、今後2週間が、勝負の時になるようです。長期間、これだけ戦うのには大変なエネルギー(と資金)が必要だということが良くわかります。これほど資金が必要というのはどういうことなのか、とも思います。またいろいろ意見を聞いていると、リーダーシップとは何か、ということも考えさせられます。

日本の政治についても良く聞かれます。特に外交政策や政治の状況は話題になることもあります。

それにしても米国大統領の第3回のディベートは外交政策がテーマだったはずなのに、国内経済の話に中心がうつったらしく(全部見ていなかったので)、また世界といっても、中東と中国の話しか出なかったとも聞いています。ヨーロッパはどうなっているのか、アジアの他の国は?という疑問が残ります。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る